心穏やかな日々を目指す...

介護の仕事はいつもドタバタ。家ではウサギと静かに暮らす。 そして、あれこれ考える...

介護のしごと⑤おふろ事情😨

昨日は入浴介助の当番でした...

ローテーションで、一日、10人から15人程の患者さんを介助します

まったく動けないストレッチャー浴の患者さんは2人で、車椅子の患者さんは1人での対応です

うさじい


おじいさんは、おばあさんに比べてお風呂嫌いが多い。

79歳、ケンゴさん(仮名)は、毎回「熱がある」「腰が痛い」「気持ちが悪い」などと言って逃げようとする

そうでないのは確認済。昨日のように入浴者が15人もいると、気長に説得する時間もない。

ので、初めから奥の手を使う😉

若いナースさんに声をかけてもらうのだ。

入る気になって車椅子に乗ったところで、はい、私と交代😁

おじいさんは(男子は)まったくこの手に引っかかりやすい(^-^)V

有無を言わせずお風呂に向かう

頭を洗い、髭を剃り、背中を洗ったところで、「はい、ケンゴさん、大事なトコはご自分で洗いましょうか」と言うと「手が動かしにくい、洗ってくれ」...あらま

ご飯は食べれるのにね...思いながらも、不毛なやり取りは時間がもったいないので洗わせていただく(ーー;)

するとケンゴさん、ポソッと「役に立たんくなった😞 昔は.........。」とおっしゃる

「大丈夫!本来の役目は、オシッコ出すことだからね」と慰めになっているのか分からない言葉をかけてごまかす

湯船に入ると、「あ~気持ちええわ」と言ってくれるので、やれやれ...(^^)


しかし、9時から始めた入浴介助が6時間後に終わる頃、吹き出した汗で髪はグチャグチャ、化粧はとっくにはげ落ち、水分が抜けてげっそりした自分を鏡で見ると、バケモノかと毎回思う😱