心穏やかな日々を目指す...

介護の仕事はいつもドタバタ。家ではウサギと静かに暮らす。 そして、あれこれ考える...

介護のしごと④84歳、着地成功(^^;)

お年寄りが多いうちの病院は、当然認知症や骨折の患者さんも多い

84歳のタエコさん(仮名)は、大腿骨の骨折で入院している。足は膝下から股下まで固定され、ベッド上安静...のはず

そのタエコさんの「すみませーん、すみませーん」と呼ぶ声

廊下に出てみると、タエコさんが四人部屋のドアの所で手を振って呼んでいる

「うそっ!」慌てて数人で向かう

すると、タエコさん「なんだか足が痛いのよ」

「そうね~、折れてるからね~(^^;)」

ベッドを見ると、落下防止の4本の柵はちゃんとささっている

またいで乗り越えた?あの足で??

「タエコさん、上手に降りたんやねぇ」

「ちょっと大変だったわ」 (言葉遣いが丁寧)

そうでしょうとも!

とりあえず皆て担いでベッドに戻ってもらい、ベッドは壁付け、もう一方の床にはクッションの役目のマットとその上に、降りるとナースコールが鳴るようセンサーマットを敷く

やれやれ😥 でもまたきっと降りるな...

どうやら骨折しているという認識がないと、痛みもそれほど感じないようだ

ご本人にとっては有難い事だか、さらなる悲劇も招くので非常に危険!

だが...不謹慎だが...タエコさんが柵をまたいで降りる様子をちょっと見て見たかった...と思った私🙏

タエコさん、無事に回復して下さい(_ _)