心穏やかな日々を目指す...

介護の仕事はいつもドタバタ。家ではウサギと静かに暮らす。 そして、あれこれ考える...

介護のしごと⑧刺青は...😅

入浴介助をしていると、たまに刺青の患者さんと出会う(^^;)

私の勝手な分類で刺青は主に三種類

①絵柄も着色も見事な完成系

②何らかの理由で途中で中止せざるをえなかった、絵が途中または、輪郭のみの未完成系

③明らかに自分で、はずみでやっちゃった感じのセルフ系(女性の名前など)


70代の患者Bさんは、①番の完成系で、肩から腕にかけての見事な和柄、桜の花も咲いていた🌸

Bさんは、起き上がることが出来ないため、ストレッチャーでナースのマイちゃんと一緒に介助をした

お風呂場でBさんの刺青を目にした私、『あらま、そうきたか~💦』と思ったが、寡黙で紳士的な態度のBさん、こういう人ほど怒らせると大変なので、とりあえず刺青のことはスルーして様子をみようと思った

中には、自慢したい人だっているからね(ーー;)

ところがだ...ナースのマイちゃん、いきなり「あー、刺青だ!、Bさん、昔ヤクザだったの~?」ときた😱

ヤクザなどという、あからさまなワード、しかもタメ口

Bさん、無言...(マイちゃん、ここで気付け)

「キレイだね~、あっ、これ桜の花? Bさん、桜が好きなの?」

Bさん、明らかに不機嫌、ずっと無言

さすがに私もマズイと思い、視線で『もうやめろ』と合図を送る

そして、「ホントにねえ、みごとな柄ですねぇ」などと、愛想笑いでごまかしつつ、話題を変えて乗り切った

Bさん、よくキレずに我慢してくれたと思う

後でマイちゃんに注意すると、「知り合いに刺青の面白いおじさんがいるから私、刺青大丈夫なんです~」って、おいおいそういう事じゃないでしょ(-_-;)

アンタの気持ちじゃなくてBさんの気持ち!

たとえ昔イケナイことをした人であっても、今はここの患者さんだからね...

特に②の未完成系、③のセルフ系の人は後悔もしているに違いない

だって、カッコ悪いもん...(^^;;

だからね、刺青は患者さんから話題にしない限り、そっとしておいてあげようよ、マイちゃん😅