心穏やかな日々を目指す...

介護の仕事はいつもドタバタ。家ではウサギと静かに暮らす。 そして、あれこれ考える...

😒「羨ましいですぅ☆」は、いらないですぅ(^^;)

「羨ましいです(^^)」は、必ずしも相手を喜ばせる言葉ではないと思う(ーー;)


寝たきりの患者さんのお風呂を手伝っている時、よく若いナースさんが言う言葉

「わぁ、○○さん、色が白~い、羨ましいですぅ😃」

このナースさんは素直ないい子だ。患者さんを喜ばせようと言っているのは分かる

実際、長い間寝たきりの人は、陽にあたらないからお肌も白い

私も「肌、白くてきれいですね」とか「モチモチですね~」などはよく言う

女性は幾つになっても、お肌のキレイさを褒められると嬉しいからだ。

ただそこに「羨ましい」が付くとちょっと話は違ってくる。もし私がこの寝たきりの○○さんだったら...

「いやいや、ナースさん、そんなにピチピチのお肌で何が羨ましいだ...だいたい肌の白さなんて今の私に何の価値もない、こっちはアンタの丈夫そうな身体がホントに羨ましわ」と、きっと思う(^^;)

まあ実際そんなことを言う患者さんはいないが...

「羨ましい」は、自分が”自慢に思っていること”が、相手より勝っている場合のみ、言われて嬉しい言葉だと思う!


「もう歳なんで~」や「最近シミができちゃって~」も...悪気がないのは知っている

しかしなぜ、うーんと歳上の、どのシミが最近のか分からないような私に言う?

そういう言葉は、自分と同年代か歳下に言うもんだよ(ーー;)


でも私も若い頃同じことを言って、先輩方に嫌な思いをさせてたかもしれません(^^;;

歳を重ねるごとに、今になってやっと分かること...多いですね😅