心穏やかな日々を目指す...

介護の仕事はいつもドタバタ。家ではウサギと静かに暮らす。 そして、あれこれ考える...

介護のしごと⑥せつない手術😓

80代後半の、サブロウさん(仮名)。もの忘れはあるけど、いつもニコニコして穏やかなおじいさんだ


困ったことに病状が少し悪化してオシッコが出なくなった

そんな場合はたいがい、バルーンと呼ばれているモノを装着する

※バルーンカテーテル· · ·オシッコを溜める袋がついたカテーテル(菅)を尿道から挿入し、抜けないように膀胱内て先端を風船状に膨らませる...のでバルーンと言うようだ


さっそく、サブロウさんもバルーンを入れることになった

ところが...サブロウさん、いわゆる「ほう〇〇」のひどい状態で、誰が挑戦しても無理だったようで、まず、その手術をすることになった😵

優しい娘さんに付き添われて、泌尿器科のある病院で手術を終えて帰ってきた

「サブロウさん、おかえり(^^)」

でも出迎えたスタッフの気持ちは複雑だった

なぜ今頃になって...子供の時とは言わない、せめて20代、いや30代でも40代でもいい、もう少し早く手術をしなかったのか?

そうすれば、人生の喜びがもう2割増しぐらいにはなったのではないか...(よく分からないけど)

80代も終わりになって...なんか切ない😖

皆が、同じようなことを思っていた


でも、サブロウさんは、何ごともなかったようにいつもの笑顔で「おう、サンキュー」と言ってくれた(英語が得意らしい)


まあ、めでたしめでたし、かな😅