心穏やかな日々を目指す...

介護の仕事はいつもドタバタ。家ではウサギと静かに暮らす。 そして、あれこれ考える...

ゆるキャラの中のおじさん😓

私はいい歳して、ゆるキャラが好きです(^^;)

イベントなどで見かけると、つい駆け寄って抱きつきたくなる。中に入っている人は絶対「ババァ、やめろ😡」と思っていることでしょう

(11月10日の中日新聞から記事をお借りしました) グランプリを取るために、不正をしたとかしないとか...キャラクターのイメージが一気にダウンですね


少し前、地域のイベントのお手伝いをした時のこと...

小さいイベントだったが、舞台を盛り上げるために、その地域限定のゆるキャラ、××ちゃんが来ていた。

あれっ、小さい...156cmの私と同じぐらい

そして、動かない...手振りのみ

ゆるキャラのイメージと言えば、元気いっぱいの変な動きだ...

そして、1回目の30分のステージが終わって、××ちゃんは控え室へ入った。

よろよろと...(o_o)

すぐに「ボギーさん、ちょっと手伝って」と呼ばれ控え室へ行くと、そこには××ちゃんの頭をはずした70歳ぐらいの小さいおじさんが、頭から汗を吹き出し「もうあかん、ムリや」と言いながらフラフラで座り込んでいた

え~っ😱

倒れそうなおじさんを皆で保冷剤をかき集めて冷し、水分を補給

ようやく少し落ち着いたところで、そっと聞いてみた

「あのう...他の人に代わってもらえないんですか?」

すると、××ちゃんの付き人らしき人が「だめなんだわ、××ちゃんはこの人のサイズで作ったから、他の人は入れないんだわ」

聞けば、10数年前に××ちゃんを作った時はおじさんもまだ元気で子供の相手も出来たけど、今は移動するだけで精一杯。着ぐるみの中はとんでもなく蒸し暑いらしい

予算の関係で新しいのも作れず、中に入ってくれる人も見つからないようだ

大変なんだ...地方の中のさらに地域のゆるキャラは...

わたしの大好きなくまモンは、きっと予算たっぷりで、中が蒸れたらすぐ乾かせるように着替えのくまモンもいっぱい用意されてて、中は少なくても70前後のおじさんではないだろう

地域のために××ちゃんをやり続けるおじさんは、本当に偉いよ!

でも、誰か代わってあげて🙏