心穏やかな日々を目指す...

介護の仕事はいつもドタバタ。家ではウサギと静かに暮らす。 そして、あれこれ考える...

本当にかっこいい人って...

地元紙、中日新聞に毎週「荒井里奈」さんの「舌はないけど」という記事が連載されている

2018年11月6日の中日新聞から記事をお借りしました


里奈さんは、30代で腺様嚢胞癌という病気が見つかり舌を切除された

その後本当に前向きにリハビリに取り組まれ、話したり食事もできるようになり一旦は職場にも復帰された

しかし多発性の転移で、現在は抗がん剤治療をされている

抗がん剤治療を始める前、抜けてしまう前にと伸ばしていた黒髪も寄付された。ヘアドネーションというそうだ

ショートにしたのを機に始めての金髪にも挑戦...というお茶目で可愛い女性だ

毎週、里奈さんの明るくて前向きな記事を読む度に、ああ、なんてかっこいい人なんだろう!と思う

「かっこいい」という表現だけでは本当に申し訳ないのですが、かっこいいのです

辛いとか苦しいとか悲しいとか...そういう状態もすべてひっくるめて、自分のこととしてきちんと受け入れることができるひと

そして、今やれることに最善を尽くせるひと


私なら...くよくよ落ち込んで、諦めがめちゃくちゃ早いので、すぐ生きることも諦め、どうやったら楽に逝けるのかしか考えなくなるだろうな...

でもこの記事を読む度に、

忙しいとか、汗だくになったとか、腰が痛いとか情けない文句ばっかり言ってないで、働けるのは幸せと思って仕事をしよう!と思う

こんなささいな決心なのに

すぐに元通り

でもまた反省する...


里奈さん、この記事を書いてくださって本当に有難うございます!

回復されること、願っています(_ _)